車やバイクの傷や汚れ


買い取ってもらうときに、車やバイクについている汚れや傷は、査定額に響くことがあります。

査定車であれば、最初に磨いて落とせる傷であるか、そうでないかを見ます。軽い擦り傷程度だと、査定にはほとんど響きません。しかしこれが、ぶつけて凹んでいるような、目に見える明らかな傷だと、査定に影響します。ただ大きな傷でも、自分で修理するのはおすすめできず、帰って査定額が下がることがあります。また、傷があれば治した方が査定額が上がることもありますが、修理代を考えると、修理代の方が高く付くこともあり、そのままの状態で査定した方が良いです。

バイクもほぼ同じですが、車よりもバイクは傷が付きやすいです。傷があればやはり、査定額は下がってしまいますが、修理しない方がよいでしょう。バイクは本体価格が元から安いことも多く、修理しても、さほど査定額は上がらず、修理代ばかりかかります。車と同じように、自分で修理すると、余計に傷が目立つことがあるので、自分での修理もしない方が良いでしょう。

汚れについては、車もバイクも、少しぐらい汚れていても、査定に影響はないです。ただしあまりにも目立つような汚れならば、買い取り依頼するまでに、洗うなり掃除するなりした方が良いです。

次ページ⇒売れそうにない車やバイク